脱色クリームを使うとき

全身のムダ毛が気になっても剃ってしまえばチクチクして嫌だという方は、脱色クリームはいいのかと思ったりしませんか?
これはその名の通り、毛の黒い色素を抜くためのもので、毛が黒くなくなり、毛深い型でも目立たなくなりますが、その効果は賛否両論です。
脱色クリームは今ある毛の色を抜く一時的処置で、脱色クリームを使えば、黒い毛は薄い茶色になり、パッと見た感じムダ毛は目立ちにくいですが、近寄ってみれば、色は薄いといっても、毛がしっかり生えている状況です。
太陽光の角度によっては金色の毛が輝いているケースがあります。そして面倒なのはしばらくして毛が伸びれば、伸びた根本は普段通り黒くて、ムダ毛がツートンカラーになって不自然になることがあります。
脱色クリームは普通のドラッグストアでもあって、ネット販売で購入できます。どういったタイプであっても脱色クリームは皮膚へ刺激がありますから、必ずパッチテストしてください。
そして実際ムダ毛を脱色する時必要とされる放置時間を調べましょう。
まぜる必要があるときはパッチテストに使用する分だけ、少量まぜて腕の内側に直径1センチの脱色クリームを塗布して説明書で書かれている時間放置しましょう。
経過したらクリームを取り、赤みが出てないか調べてみてください。
クリーム塗布のコツは厚めに沢山塗ることで、薄くのばしてしまえば効果が落ちるようです。
時間になれば一部のクリームをへらではがしましょう。色がしっかり抜けてなければ5分追加で放置。入浴前脱色し、風呂で洗い流す方もいますが、肌へ刺激を考えて、クリームを洗い流すときはぬるい水にしましょう。
脱色クリームを使うとき

もし、恵比寿で脱毛をお考えなら、以下のランキングサイトを参考にしてみてください。
恵比寿の脱毛サロンランキング